「適者生存」などの昔懐かし強力カード多数!MTGを買取!

「適者生存」などの昔懐かし強力カード多数!MTGを買取!

買取価格:167,120円

査定士のコメント

愛媛県のお客様からMTGカードをまとめて買取いたしました。

MTGには他のTCGと違い、カードパワーのインフレ期とデフレ期があると言われております。このお客様もMoMaの冬で訪れたMTG氷河期を機に引退してしまったのかな・・・と勘ぐってしまう時期までのカードをたくさん送っていただきました!そんな中から上段はお手軽シナジーの組み合わせ、下段は当時輝いたカードをピックアップ!

「ゴブリンの太守、スクイー」と「適者生存」の2枚は、毎ターンお手軽生物サーチを実現!その強さは説明するまでもなく、2011年よりレガシー禁止になっている「適者生存」ですが、生物インフレが続いてるから是非もないよね!

お次は、「ファイレクシアの巨像」と「通電式キー」の同じエキスパンション内にある2枚、このカードはこう使えと言わんばかりの効果!強大なパワーに伴うデメリットもお手軽解決できるのでこの組み合わせはヤバイ。

他にも自分で起きようとしないアーティファクトは大体強力なので「通電式キー」様様である。他にも当時最強の異名を持つ「マスティコア」に、凶悪コンボ”メグリムジャー”で輝きすぎて発売1ヶ月で禁止カードの「記憶の壺」、青のX火力の異名を持つ「天才のひらめき」、デッキ名にもなっているお手軽にしてぶっ壊れ「修繕/Tinker」。

あーやっぱウルザ・ブロックぶっ壊れてんな、これは売るしかないね!他のカードも売るしかないね!

他にもよく読まれている記事