《インテレオンVMAX》の販売価格と買取価格の相場はいくら?

《インテレオンVMAX》の販売価格と買取価格の相場はいくら?

《インテレオンVMAX》[れんげき]は、2021年5月28日に発売の「ハイクラスデッキ インテレオンVMAX」で初収録されたカードです。

《インテレオンVMAXは他の御三家同様に二種類のVMAXが存在しており、使い分けが可能。

ハイクラスデッキの看板になったことでカードパワーも高く、エースバーンやゴリランダーと比べると頭一つ抜けて強いカードに仕上がっています。

「VMAXライジング」で登場した《インテレオンVMAX》もスペックが高く、再評価の流れも来ています。

とことんソードシールド環境ではインテレオンが優遇されていますね。

この記事では[れんげき]のカードタイプをもつ《インテレオンVMAX》を紹介していきます。

 

HP:320
タイプ:水
特性:[ダブルシューター]

自分の番に、自分の手札から水エネルギーを1枚トラッシュするなら、1回使える。相手のベンチポケモン2匹に、それぞれダメカンを2個のせる。

ワザ

水×1無×1:キョダイウズマキ 70+
のぞむなら、このポケモンについているエネルギーを1個選び、手札にもどす。その場合、70ダメージ追加。

 弱点  抵抗力  にげる
なし 2

《インテレオンVMAX》[れんげき]のレアリティは以下の2種類です。

・RRR
・SR(イラスト違い)

それでは早速、販売価格と買取価格の相場をみてみましょう。

《インテレオンVMAX》の販売価格と買取価格の相場

【販売価格の相場】
  • ・RRR:100~200円
  • ・SR(イラスト違い):2,780~3,480円

 

【買取価格の相場】
  • ・RRR:50円
  • ・SR(イラスト違い):1,200~1,800円

※2021年12月22日時点での価格になります。価格相場は日々変動しており、時期により価格は変わります。

インテレオンVMAX》の買取価格が高い理由

《インテレオンVMAX》の買取価格が高い理由は「ハイクラスデッキに極稀にイラスト違いのカードが収録されている」ことにあります。

《ゲンガーVMAX》と同時発売されたハイクラスデッキは、その名にふさわしく《クロバットV》や《ボスの指令》などを収録した完成度の高いデッキです。

 

関連記事
《ゲンガーVMAX》の販売価格と買取価格の相場はいくら?

 

《インテレオンVMAX》は2枚収録されていますが、そのうちの1枚がイラスト違いである場合があります。

封入率は低く、大会でもそれなりに使われるカードなのでレアリティを上げたい人に人気の1枚といえます。

大会ではどういった部分が魅力で使われているのでしょうか?

まずは《インテレオンVMAX》の強みと弱みから紹介しましょう。

《インテレオンVMAX》の強み

  • ●サポートが豊富でエネ加速・進化させやすい
  • ●れんげきエネルギー1枚でワザが使える
  • ●ベンチ攻撃で後続にも圧力をかけられる

《インテレオンVMAX》の弱み

  • ●デッキの主役にするには火力が低い

総評としては「エースにするには少しパワー不足であるものの、様々な対局に合わせられるアタッカー」といった感じです。

進化ラインは《メッソン》[れんげき]のワザ[どんどんよぶ]でサポーターと同様に展開して進化。

残った《メッソン》は普通の《インテレオン》に進化させることでさらにベンチ攻撃を加速させられます。

水タイプは優秀なサポートカードに恵まれており、《たっぷりバケツ》《ルリナ》によるサーチ、《モスノウ》《メロン》によるエネ加速が可能です。

これに加えて「れんげき」のサポート《オクタン》のサーチ、《れんげきエネルギー》での速攻、《みずの塔》を使ったサイクルなど《インテレオンVMAX》の強みを引き出すカードは数多く存在します。

低めの火力も周りを固めることでそこまで気にならないでしょう。

《インテレオンVMAX》の強みの中でも《れんげきエネルギー》1枚で、盤面にエネルギーを残さずにワザを使えるというのは注目ポイント。

エネルギーをすべてトラッシュしてHP全回復できる《モミ》との相性は抜群です。

《ゴツゴツメット》を採用した耐久型のデッキが結果を残しているのも話題になりました。

テクニカルなワザ構成に加えて、高い耐久性を加えることでより高度なゲーム運びができるポケモンとなっています。

細かくダメージを刻んでいくことで相手にプレッシャーをかけていけるのが面白いですね。

「ハイクラスデッキ インテレオンVMAX」で価格の高いカードは?

 

 

対戦においてよく使われている《ボスの指令》、《クロバットV》を始めとした汎用カードから、「れんげき」関連のサポートカードをたくさん盛り込んだ大盤振る舞いなデッキ。

ハイクラスパック VMAXクライマックスが発売されるまではそれなりのお値段がついていたカードがあったのですが、度重なる再録により汎用カードも価格が下落。

使いやすいカードは多いものの、現在では300円を超えるカードは残念ながら存在しません。

このまま終わるのはもったいないので「VMAXライジング」の《インテレオンVMAX》の紹介もしましょう。

こちらのインテレオンVMAXは使用者も伸びなかったためかこれまで再録はありません。

そのため、値段は250円ほどとなっています。

相手ポケモンのエネルギーを手札へ戻すワザや160ダメージ+ベンチへ60ダメージが出せる強力なワザを持っています。

望遠スコープをつければサポートポケモンを一撃できぜつさせられるくらいの火力になるので頼もしいです。

レギュレーション落ちによって影響が出てくるデッキは数多くあれど、水タイプ中心のデッキはほとんど影響を受けないため相対的に有利な状態が続きます。

ポテンシャルは十分にあるので、これから研究が進むかもしれません。

《インテレオン》はソードシールド環境において、もはや外せないといえるほどに注目されているポケモンです。

《インテレオンVMAX》はその影に隠れがちですが、《インテレオン》ラインが評価されるまでにやや時間がかかったことを考えれば、大器晩成するチャンスはまだまだ残されています。

大会向けのカードの値上がりはすべて「大会で活躍できるか・結果を残したか」に集約されます。

突然新たなデッキタイプが生まれて話題となったり、既存のカードと新規カードの組み合わせで思わぬコンボが生まれたりと要因は様々ですが、基本は結果が全てです。

価格の高いカードを生み出したいなら、マイナーなカードを使って自分が大会で上位入賞するのが一番確実です(?)

自分で研究するために安いうちに買うのもよし。

再評価されるまで売るのを待つもよし。

ぜひ自分なりの売買のタイミングを掴んでみてください。

 

遊戯王買取専門店 マジック:ザ・ギャザリング買取専門店 デュエルマスターズ買取専門店 ポケモンカード買取専門店 ドラゴンボールヒーローズ買取専門店