増殖するGの買取価格の相場はいくら?

「増殖するG」は2011年9月17日発売の「EXTRA PACK Volume 4」で登場した地属性・昆虫族の効果モンスターです。そうですあのゴキブリです。

増殖するG 買取

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻500/守200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1)このカードを手札から墓地に送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

レアリティは以下の5つが存在しています。

  • ・ノーマル
  • ・ノーマルレア
  • ・スーパーレア
  • ・コレクターズレア
  • ・シークレットレア

そこで今回は「増殖するG」の買取価格の相場についてご紹介します。

増殖するGの販売・買取価格の相場

気になるその販売価格の相場ですが、ノーマルは800〜1000円、ノーマルレアは950〜1300円、スーパーレアは900〜1200円、コレクターズレアは4800〜6000円、シークレットレアは21000〜23000円となっています。

ノーマルやスーパーレアでも1000円弱するのですが、シークレットレアは何と2万円オーバーと驚愕の値段に。近年の市販パックに収録されるカードとしては珍しいケースです。

そして買取価格の相場は、ノーマル・スーパーレアが700〜800円、コレクターズレアが4300円、そしてシークレットレアが17000〜19000円となっております。何度か再録されているにもかかわらず、ここまで販売価格と差が小さいとは…。需要の高さを物語っております。
2018/7/2調べ

では、なぜそこまで高い価格となっているのでしょうか。

増殖するGの買取価格が高い理由

「増殖するG」は、EXTRA PACK Volume 4 にはじめてノーマルレアで収録されたのですが、現代においてもいまだトップクラスのメインデッキ採用率を誇ります。

というのも特殊召喚を多用する現代遊戯王においては、このカードを使うことで大量にドローするチャンスを作ることができるんです。

たとえ相手が特殊召喚を控えたとしても、「特殊召喚の抑制」として機能したことになります。

ドローソースとメタカードという2つの役割をはたしてくれる、まさに超優秀なカードなのです。

言ってしまえば採用しない理由がない。とりあえずデッキに3枚突っ込んでおけば強いと言っていいレベルです。

使い方も超簡単。相手が特殊召喚する直前にチェーンしてこのカードを手札から捨てるだけ。たったこれだけで、相手の表情が心なしか引きつります。

これが増殖するGの買取価格が高い理由です。

増殖するGと同じパックで登場した高額カードは?

「増殖するG」は合計で4回再録されているのですが、中でもぶっちぎりで値段の高いシークレットレアは2014年12月発売の「THE RARITY COLLECTION」に収録されました。(2018年2月10日発売の『20th ANNIVERSARY EDITION 』の方ではありません)

このカードの非常に高い汎用性と封入率の低さが相まって、ここまでの値段になったわけですね。

この「THE RARITY COLLECTION」に収録されたシークレットレアには、「増殖するG」には及ばないものの、なかなかに高額な値段のつくカードが存在します。その一部の販売価格をご紹介。

  • ・レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(4000〜4500円)
  • ・闇の誘惑(5400〜5800円)
  • ・簡易融合(2800〜3200円)
  • ・魔封じの芳香(3000〜4000円)
  • ・フォーミュラ・シンクロン(1600〜2000円)

このように「THE RARITY COLLECTION」には値段がつくカードが意外と多く存在するので、購入したことがある人はぜひチェックしてみてください!

最後に余談ですが、遊戯王では現在、空前絶後のゴキブリブームが来ています。その詳細は機会があればまたご紹介しましょう…

他にもよく読まれている記事