《ヴァレルソード・ドラゴン》の販売・買取価格の相場はいくら?

《ヴァレルソード・ドラゴン》は、2018年4月14日発売の「CYBERNETIC HORIZON」で登場した闇属性・ドラゴン族のリンクモンスターです。バレルソードドラゴンではなく、ヴァレルソードドラゴンです。

ここでは《ヴァレルソード・ドラゴン》の販売・買取価格の相場や、値段が高い理由を紹介します。

ヴァレルソード・ドラゴンの買取価格

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
[リンクマーカー:上/左/左下/下]
効果モンスター3体以上
(1)このカードは戦闘では破壊されない。
(2)1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。このターン、このカードは1度のバトルフェイズに2回攻撃できる。この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
(3)1ターンに1度、このカードが表側表示のモンスターに攻撃宣言した時に発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。

レアリティは

  • ・ウルトラレア
  • ・アルティメットレア
  • ・シークレットレア
  • ・20thシークレットレア

が存在します。

それでは《ヴァレルソード・ドラゴン》の販売・買取価格の相場についてみてみましょう。

《ヴァレルソード・ドラゴン》の販売・買取価格の相場

【販売価格の相場】
ウルトラレア:1,900~2,100円
アルティメットレア:2,000~2,200円
シークレットレア:3,800~4,000円
20thシークレットレア:24,000円

【買取価格の相場】
ウルトラレア:1,300~1,500円
アルティメットレア:1,300~1,500円
シークレットレア:2,800~3,000円
20thシークレットレア:16,000円

※買取価格は日々変動しており、時期により価格は変わります。

当社調べ2019/3/13時点での情報

レギュラーパックのウルトラレア枠は比較的安価になりやすいのですが、このカードはなかなかの高額となっております。

20thシークレットレアにもなれば桁違いの価格に。

ちなみに20thシークレットレアの封入率は、4箱に1枚くらいなのでかなり出にくいです。

どうしてここまで高額になっているのでしょうか。

トレカ LINE査定

《ヴァレルソード・ドラゴン》の買取価格が高い理由

このカードが高額となっている理由ですが、ズバリ汎用性の高さにあります。

まずは効果を見てみましょう。(2)の効果で、フィールドのモンスター1体を守備表示にしつつ2回攻撃が可能となります。

そのまま守備表示にしたモンスターを殴っても戦闘ダメージまでは与えられませんが、攻撃力3000が2回攻撃してくるだけでも十分凶悪です。

しかもこの効果に対してチェーンを組むことも許さないので、無効化される心配もありません。

加えてフリーチェーンで発動できる効果なので、相手の厄介なアタッカーの攻撃を止める、という使い方もできます。かなり優秀。

1ターンキルも見込める戦闘に特化したモンスター

さらに(3)の効果で、戦闘相手の攻撃力の半分を吸収することができます。

いわゆる「フォース」と同じ効果ですが、これを使って攻撃表示モンスターを殴れば自身の攻撃力と同じ3000ダメージを相手に与えられるのです。

しかも(2)の効果と併用すれば2回攻撃も可能となるので、ダイレクトアタックができる状況になれば1ターンキルも見込めます。さらに戦闘破壊耐性まであるという隙の無さ。

このように《ヴァレルソード・ドラゴン》は、すべての効果が戦闘に特化された戦闘狂にデザインされており、フィニッシャーとして申し分ない性能となっています。

リンク素材に効果モンスターを3体以上要求する点が気になりますが、現在の環境ではそこまで難しくありません。

むしろ素材に縛りがないので、さまざまなデッキで採用できます。

この汎用性の高さ故に採用率も上昇し、ウルトラレア枠でありながら価格が高騰していきました。

さらに封入率が4箱に1枚とされている20thシークレットにもなれば希少価値も一気に上がるため、2万円を超える価格となっています。

《ヴァレルソード・ドラゴン》と同じように付録で登場した高額カードは?

このカードが収録された「CYBERNETIC HORIZON」ですが、このパックから遊戯王20周年を記念して20thシークレットレアが実装されました。

さきほども少し触れたように、20thシークレットレアは4箱に1枚という低封入率なので、どのカードであっても高額になりやすいです。

たとえ性能は高くなくとも、イラストアドを獲得すれば1万円になるぐらいに。

そのイラストアドを獲得した1枚が、《破滅の美神ルイン》です。

あの《破滅の女神ルイン》のリメイクカードとなっているのですが、まさかそっちから新規を出してくるとは…。

このカード自体はさほど強力というわけではないのですが、なんといっても美少女です。

それだけで十分なんです。え?美少女というより美女…?遊戯王勢は節操が無いですね。

それはともかく、現在20thシークレットレアはどれも高額なので、使わない人は早めに手放してしまってもいいと思います。

《ヴァレルソード・ドラゴン》もデッキに1枚あれば十分ですので、売るなら再録されないうちに売ってしまいましょう。

他にもよく読まれている記事