遊戯王のノーマルカードの買取相場は?1枚いくらで売れるの?

遊戯王のノーマルカードの買取相場は?1枚いくらで売れるの?

遊戯王で遊んでいた人なら誰しも一度は、「大量にたまったノーマルカードをどこで買取してもらえばいいの?」と考えたことがあるのではないでしょうか。

とくにブースターパックをよく買う人は、簡単に100枚、1000枚とノーマルカードが増えていってしまいますよね。

そこで今回は、【ノーマルカードの買取相場】【買取手段】についてご紹介します。

「もう置き場がないから、これ以上増える前に処分して部屋をきれいにしたい」、「捨てるのはもったいないから売って少しでもお金にしたい」などと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

ノーマルカードの買取価格は枚数や重さで決まる

カードショップで遊戯王カードを売る場合、レアカードなら1枚1円以上で買い取ってもらえますが、ノーマルカードだと1枚ではほとんど値段がつきません。

ノーマルカードの買取価格はショップによって違いますが、主に枚数や重さで決まります。(ほとんどのショップは枚数)

たとえば枚数で買取価格を決めるショップだと、10~20枚で1円。重さで買取価格を決めるショップだと、50~100gで1円となります。

またノーマルカードの買取価格の条件は厳しく、カードが痛んでいない事は非常に重要です。カードにキズや折れが目立つノーマルカードは買い取ってもらえません。

キズや折れがあっても減額で済むレアカードとは違うので、普段からカードを大切に扱いキズを付けないようにしましょう。

ノーマルカードの中にも100円以上で売れるカードがある

ノーマルカードの買取価格は基本的に枚数か重さで決まりますが、中には1枚で100円以上の値が付くノーマルカードも存在しています。

ノーマルカードでも高く売れる理由は、主に以下3つの要因があります。

  • ・汎用性が高く需要が高いノーマルカード
  • ・入手困難な限定版のノーマルカード
  • ・コレクターが欲しがる初期ノーマルカード

それでは詳しく見ていきましょう。

汎用性が高く需要が高いノーマルカード

ショップに行けば普通に購入できるブースターパックに収録されているノーマルカードでも、汎用性が高くどのデッキにも使えるノーマルカードであれば1枚でも買取してもらえます。

たとえば”ハーピィの羽箒”は、「決闘者の栄光-記憶の断片- side:武藤遊戯」に収録されたノーマルカードで、相手フィールドの罠と魔法カードを破壊する強力な効果があり、対戦に採用されることが多いことからノーマルのレアリティでも高い値段で買い取ってもらえます。

ただし汎用性の高いカードは新しく登場したカードや、ルール改定などの影響で価値が下がることも大いにあり得るので、この先もずっと高く買取してもらえる保証はありません。

入手困難な限定版のノーマルカード

キャンペーンや限定商品の付録でしか入手できないノーマルカードは、100円どころか1,000円以上の買取価格がつくことも珍しくないです。

たとえば1999年に発売された、【STARTER DECK】の劇場限定発売版に封入されている“アクア・マドール”や“タートル・タイガー”などは、3,000円以上で買取してもらうことができます。

他にもジャンプフェスタで配布されたプロモーションカードや、デュエルターミナルでしか入手することができないカードなど高価買取に期待できます。

もし普通のブースターパック以外で入手したノーマルカードを持っているなら、そのカードの買取価格を調べてみましょう。

コレクターが欲しがる初期ノーマルカード

遊戯王の初期カードは今発売されているカードとはデザインが異なり、また再販されることもないので希少性が高いです。

初期カードとは主にブースターパック「Vol.1~7」と、同時期に発売されていたカードダスの「BOOSTER.1~7」、「BOOSTER.R1~R3」のに封入されていたカードのことです。

これらの初期カードは、弱いカードばかりでデッキに入れて遊ぶことには向きませんが、コレクション目的として需要があるので、高く買い取りしてもらうことができます。

大量にあるノーマルカードを売る場合は宅配買取がおすすめ

もしあなたが100枚程度のノーマルカードを売りたいと考えているのなら、どんな方法で売っても大差はないと思いますが、1,000枚以上のカードを売りたい場合は宅配買取をオススメします。

>遊戯王カードを売る4つの方法

宅配買取なら売りたいカードを送って、後は査定結果を待つだけ。大量にある重たいカードをショップまで持っていく必要もないですし、ファイルやスリーブからカードを抜いて仕分ける必要もありません。

他にもよく読まれている記事