《ヴェールのリリアナ》の販売・買取価格の相場は?

《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》は、2011年9月30日発売のイニストラードで初登場した黒のプレインズウォーカーです。MTG界では通称、ヴェリアナと呼ばれています。

ヴェールのリリアナ 買取

伝説のプレインズウォーカー -リリアナ
神話レア/①黒黒/忠誠度3
[+1]:各プレイヤーはカードを1枚捨てる。
[-2 ]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
[-6 ]:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーがコントロールするすべてのパーマネントを2つの束に分ける。そのプレイヤーは束を1つ選び、その束にあるすべてのパーマネントを生け贄に捧げる。

ヴェリアナはイニストラードの他にも、以下のブースターパックで再録されています。

  • ・モダンマスターズ2017
  • ・アルティメットマスターズ

そこで今回は《ヴェールのリリアナ》の買取価格の相場についてご紹介します。

ヴェールのリリアナの販売・買取相場

《ヴェールのリリアナ》は、モダン以下の黒要素が強いデッキには大体採用されており、大体3〜4枚使われるため非常に高くなっております。

【販売価格】
イニストラード版:8,890~12,800円
モダンマスターズ版:8,820~11,800円
アルティメットマスターズ版:8,680~10,500円

【買取価格】
イニストラード版:6,000~7,000円
モダンマスターズ版:6,000~7,000円
アルティメットマスターズ版:6,000~7,000円

※言語やfoilにより価格は変わります。
※プロモ版については市場に出回らないため省いてあります。

2019/1/11調べ

《ヴェールのリリアナ》の買取価格が高い理由

《ヴェールのリリアナ》の買取価格が高い理由は、モダンで黒が入ってるデッキにはほぼ間違いなく投入されており、とても需要があるカードだからです。

特に対コントロールデッキに対しては鬼のような強さを見せてくれるヴェリアナ。「精神を刻む者、ジェイス」とは違った形でロックを掛けれる強い忠誠度能力も魅力のひとつです。

ハンデスと除去を使い分けて盤面を制圧するプレインズウォーカー

+1能力ではお互いが1枚手札を捨てる。

これは一見デメリットのように見えますが、「思考囲い」や「コジレックの審問」、「Hymn to Tourach」などのハンデス呪文を撃たれた後にこれをされると手札が枯れてしまい、相手は思ったようなゲームプランを立てづらくなります。

また、「未練ある魂」などのカードと組み合わせて使うと相手だけが一方的に損をしてしまうので、非常に嫌らしい効果です。

-2能力は「致命的な一押し」や「終止」などといった除去呪文と併せて使っていくと盤面の嫌なクリーチャーを処理していくことが容易に可能です。

呪禁オーラなどの通常除去では触れないクリーチャーに対しても非常に有効で、これだけでひっくり返ってしまうことも十分あります。

-6能力はリセットとは行かないが、相手の有効牌を切り分けたり色々な使い方が出来る。

例えば片方を土地全部、もう片方を置物(血染めの月など)といった分け方をすれば相手の縛りに対して逆に縛り返すみたいな動きも出来る。

能力の数はジェイスほどではないが、マナの軽さなど非常に魅力的な面が多い。採用枚数の多さなどからも、値段が高い理由としては十分わかりやすいです。

その他、イニストラードで登場した高額カードは?

《ヴェールのリリアナ》以外でイニストラードに収録されている高額カードは、

になります。

《瞬唱の魔道士》がよく使われるデッキ:青系コントロール全般(モダン、レガシー)、シャドウ系(モダン)
などです。

他にもよく読まれている記事