瞬唱の魔道士の買取価格の相場はいくら?

「瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage」は、2011年9月30日発売のイニストラードで初登場した青のクリーチャーです。

瞬唱の魔道士の買取価格

瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
クリーチャー -人間 ウィザード-/ ①青/レア
瞬速
瞬唱の魔道士が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。それはターン終了時までフラッシュバックを得る。
そのフラッシュバック・コストは、それのマナ・コストに等しい。(あなたはあなたの墓地にあるそのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)
2/1

瞬唱の魔道士はイニストラードの他に以下のブースターに収録されています。

  • ・モダンマスターズ2017 (神話レア)

今回は「瞬唱の魔道士」の買取価格の相場についてご紹介します。

瞬唱の魔道士の販売・買取相場

【瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage】の販売価格の相場はイニストラード版で6950円〜9000円、モダンマスターズ2017版では7790円〜12000円です。

そして買取価格の相場7000〜8000円程です。
※foil、カード状態により価格は変わります。

2018/10/11調べ

瞬唱の魔道士の買取価格が高い理由

瞬唱の魔道士の買取価格が高い理由として、モダン以下の青系コントロールデッキに3〜4枚必ず採用されており、唯一無二の能力を持つクリーチャーであるという点から値段が高くなっています。

また、モダンの青白コントロールやレガシーの奇跡デッキの使用率上昇に伴い需要が急速に高まったのも一因です。

再録された当初は多少値下がったものの、神話レアということもあり市場に出回る数が多くなかったのも関係しています。

瞬唱の魔道士の使用率と強み

モダンでは「青白コントロール」、「グリクシスコントロール」、「スゥルタイコントロール」、「ジェスカイコントロール」、「青赤ウィザード」、「青赤パイロマンサー」、「青トロン」に採用されており、レガシーでは「青白奇跡」、「グリクシスコントロール」、「スゥルタイコントロール」、「青白ブレード」などに採用されております。

強みとしては上記の高い理由でも軽く触れましたが、唯一無二の能力を持つクリーチャーとして攻防を兼ねることが出来ます。

除去の再利用やカウンター呪文の再利用をしつつ、相手のライフを詰めるクロック手段としての役割を果たしたり、単純に壁としても使えたりと汎用性が非常に高く、これ1枚で選択肢がかなり広がります。伝説のクリーチャーでないところもまた強みの一つだと思います。

これだけ優秀なクリーチャーなら高くても納得でしょう。

瞬唱の魔道士といえば、最近発売された「ラヴニカのギルド」で「任務説明」というカードが出ましたが、このカードは瞬唱の魔道士と似た効果を持ったインスタント呪文として密かに期待をしています。もし使う予定がないのでしたら、最新弾「ラヴニカのギルド」のカードも是非お売り下さい。

瞬唱の魔道士と同じパックで登場した高額カードは?

「瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage」が収録されている イニストラードの他の高額カードは、

  • ・ヴェールのリリアナ

になります。

[ヴェールのリリアナ]がよく使われるデッキ:モダン「マルドゥパイロマンサー、ジャンド、アブザンジャンク、グリクシスコントロール、デスクラウド、黒単」、レガシー「Pox、グリクシスコントロール、スゥルタイコントロール、The Gate」などです。

他にもよく読まれている記事