【デュエマ買取】ノーマルカードはいくらで売れる?【高額カード紹介】

【デュエマ買取】ノーマルカードはいくらで売れる?【高額カード紹介】

いらなくなったノーマルカードみなさんどうしていますか?

「大量のノーマルカードを捨てるのはめんどくさい、、、」

「これ以上増える前にひとまず処分したい、、、」

「処分するのはいいけど、せっかく買ったものだしちょっとでもお金に変えたい、、、」

そう思って、特になにもせず溜め込んではいませんか?

デュエマの査定をプロが行うお店が断言しますが、ノーマルカードは買取されます。

しかしすべてのノーマルカードに値段がつくわけではありません。

そこで今回は、ノーマルカードでも高く買取してもらえるポイント」や「ノーマルカードの買取の手段などをご紹介したいと思います。

 

【今回の記事の内容】

  • ・ノーマルカードの買取相場
  • ・ノーマルカードの高価買取ポイント
  • ・ノーマルカードの高額カード
  • ・ノーマルカードの買取手段

トレトクではデュエマのプロの査定士がカードを買取しています。

  • ・高価なカード1枚でも
  • ・価格がつくかわからないカードをまとめて

どちらも仕分けの必要なく一緒に送ることができます。
⇩気になる方はこちらをチェック⇩

▷デュエマを査定してもらう◁

 

デュエマ・ノーマルカードの買取はいくら?

カードを売るときにレアカードだとある程度の値段がついて買取してもらえるケースが多いですが、ノーマルカードだと1枚ではほとんど値段がつきません。

ノーマルカードの買取価格はショップによって異なりますが、大体50枚で1円になるケースが多いです。

またキズや汚れに関しても厳しくなっています。

レアカードの場合はキズや汚れがあっても多少値段が引かれて買取してもらえることがあります。

しかしノーマルカードの場合はキズや汚れがあると価格がつかず買取してもらえないケースも少なくありません。

ノーマルカードこそスリーブやファイルに入れて、保管には十分に注意しましょう。

 

デュエマ・ノーマルカードの高価買取3つのポイント

上記では一般的なノーマルカードの相場を紹介しましたが、なかには1枚でも値段がつくノーマルカードも存在します。

ではどんなノーマルカードなら高く買取してもらえるのでしょうか?大きく3つのポイントがあります。

  • ・対戦環境においてプレイヤーに需要があるノーマルカード
  • ・コレクターが欲しがる初期ノーマルカード
  • ・キズや汚れの少ないノーマルカード

対戦環境で強い効果をもつノーマルカード

通常のノーマルカードなら全く値段がつかないようなカードでもその時々の対戦トレンドによってはプレイヤーの需要が高まり、値段が高騰するカードが存在するのです。

「拷問ロスト・マインド」というカードは相手の手札の呪文をすべて捨てるという効果があります。

これは呪文を多く使用するプレイヤーがいるために相対的にカードの価値が高まって値段が高く取引されています。

このようにノーマルカードでも対戦時に強いカードであれば、高く買い取ってもらえる可能性が高まります!

しかしこれからのルールの変更や対戦環境の変化によってこのようなカードの需要がなくなれば価格が落ちてしまいますので、ご注意ください。

コレクターが欲しがる初期ノーマルカード

上記の対戦環境において強いカードとは別に、コレクション目的で需要が高い初期ノーマルカードも高値で取引されています。

初期カードは一般的にDM-01〜DM-05までとなっていますが、どこまでが初期カードとしているのかはショップによって異なる場合も多いようです。

初期カードは再販されることもなく、デザインが今現在発売されているカードとは違うのでコレクターには人気となっています。

最近では「デュエマクラシック」というDM-01〜DM-05までの制限のなかで昔のカードで対戦するというのもトレンドになっているので、初期のカードが高く取引されている要因でもあります。

▷デュエマクラシックの影響で初期カードが高額で取引されている理由◁

キズや汚れには注意

引退してもうデュエマをやっていない人で、押し入れの奥に眠っているノーマルカード達がいるのであれば、買取査定にだしてみるといい金額で売れる可能性も、、、?

しかし初期のカードは基本的にキズや汚れが多くなってしまいがちです。

キズや汚れがあれば初期のカードでも値段がつきにくくなるので注意しましょう。

 

デュエマ高額買取ノーマルカード

光牙忍ハヤブサマル

DMX12-b 94/111
■ニンジャ・ストライク 4(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが4枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなかった場合、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを自分の山札の一番下に置く)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次の自分のターンのはじめまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「ブロッカー」を得る。

超次元リバイヴ・ホール

DMX22-b 48/111
■クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。
■次のうちいずれかひとつを選ぶ。
 ▷自分の超次元ゾーンから好きな数のサイキック・クリーチャーをコストの合計が5以下にな るように選び、バトルゾーンに出す。
 ▷闇のコスト7以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾー ンに出す。
(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自分の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)

解体人形ジェニー

DMX12-b 100/111
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見てその中から1枚選び、捨てさせる。

マナ・クライシス

DM2 35/55
■S(シールド)・トリガー(このカードをシールドゾーンから手札に戻すとき、コストを支払わずにすぐ使ってよい。)
■相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

オールデリート

DMX21 26/70
■各プレイヤーは、バトルゾーン、手札、シールドゾーン、墓地にある自身のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

ラブ・エルフィン

DM2 54/55
■このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の呪文を唱えるとき、支払うコストは1少なくなる。 ただし、コストが1のときは少なくならない。銀髭団が傷つき倒れた時、美しい妖精たちがその窮地を救った。

 

ここで紹介したカードは一部です。
他にも高く売れるノーマルカードはたくさんあるので、気になる方は一度査定してもらってみてはいかがでしょうか?

▷ノーマルカードも高く買取 トレトク◁

 

デュエマ・ノーマルカードの買取手段

カードを買取してもらう手段として「店頭買取」、「宅配買取」、「オークション」、「友達に売る」大きく4つに分類されます。

今回ご紹介するのは「宅配買取」という方法です。

宅配買取とは売りたいカードをお店に送って、査定と買取をしてもらう方法です。

宅配買取の大きなメリットは店頭買取とは違い自分で持ち込む必要がなく、箱詰めして集荷に来てもらうだけで査定してもらうことができます。

もしお手元にノーマルカードが大量にあって店頭にもっていくのもめんどくさいという場合は宅配買取がおすすめです!

他にもよく読まれている記事