魂の洞窟の買取価格の相場はいくら?

「魂の洞窟/Cavern of Souls」は、2012年5月4日発売のアヴァシンの帰還で初登場した土地です。

魂の洞窟の買取価格

魂の洞窟/Cavern of Souls
土地/レア
魂の洞窟が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
(T):(◇)を加える。
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。このマナは、選ばれたタイプのクリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用でき、その呪文は打ち消されない。

そこで今回は「魂の洞窟」の買取価格の相場についてご紹介します。

魂の洞窟の販売・買取相場

【魂の洞窟/Cavern of Souls】の販売価格の相場は8480円〜11999です。

そして買取価格の相場は7000円程です。
※foil、カード状態により価格は変わります。

2018/9/5調べ

魂の洞窟の買取価格が高い理由

魂の洞窟の買取価格が高い理由として、モダン、レガシー問わず部族デッキに4枚ずつ投入され、カウンター呪文泣かせとして大活躍しているからです。

最近ぐっと値段が上がった理由としては、モダンのトップメタデッキ「5C人間」や「バンドスピリット」の台頭が一番大きいかもしれません。

魂の洞窟の強み

まず、第一に指定された部族クリーチャーはカウンターされない。

対コントロール戦では、カウンタースペルが一切効かないので、相手のデッキの主要パーツを大体腐らせることが出来るのが非常に大きいです。

次に、色拘束が厳しい多色クリーチャーデッキでも、容易に任意の色マナが出るようになる。

これによって出てきたのが5C人間デッキです。プロツアーでの使用率トップメタデッキに躍進させた一因のカードと言って差し支えないでしょう。

「すべてを護るもの、母聖樹」(これはインスタント、ソーサリーだが)+「手付かずの領土」が1枚で出来ると考えると高値がついても納得でしょう。

アヴァシンの帰還と同じパックで登場した高額カードは?

「魂の洞窟/Cavern of Souls」が収録されている アヴァシンの帰還の他の高額カードは、

  • ・鷺群れのシガルダ
  • ・孔蹄のビヒモス
  • ・グリセルブランド
  • ・時間の熟達

になります。

[鷺群れのシガルダ]がよく使われるデッキ:レガシー「Nic-fit」

[孔蹄のビヒモス]がよく使われるデッキ:モダン「緑信心」、レガシー「エルフ」

[グリセルブランド]がよく使われるデッキ:モダン「グリセルシュート」、レガシー「Show and Tell、スニークショー、グリセルストーム」

[時間の熟達]がよく使われるデッキ:モダン「エターナルブルー」、EDH「青系」

などです。

他にもよく読まれている記事