ブラック・マジシャン・ガールの販売・買取価格の相場はいくら?

「ブラック・マジシャン・ガール」は、「『遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨』公式大会 ストリートデュエル レジェンドオブパワー 大会入賞者特典カード」で登場した闇属性・魔法使い族の効果モンスターです。まごうことなく遊戯王界の最かわヒロインです。

ブラック・マジシャン・ガールの買取価格

特殊召喚・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
お互いの墓地に存在する 「ブラック・マジシャン」「マジシャン・オブ・ブラックカオス」1体につき、 このカードの攻撃力は300ポイントアップする。

レアリティは

  • ・ノーマル
  • ・レア
  • ・スーパーレア
  • ・シークレットレア
  • ・ホログラフィックレア
  • ・ノーマルパラレルレア
  • ・ミレニアムレア
  • ・KCレア

が存在します。そして「ブラック・マジシャン・ガール」というカードだけでも、なんと20種類存在しています。

そこで今回は、「ブラック・マジシャン・ガール」の販売・買取価格の相場についてご紹介します。

ブラック・マジシャン・ガールの販売・買取価格の相場

このカードは種類が非常に多く、カードごとで値段が非常に大きく異なります。そのため、ここでは特に高額な「ブラック・マジシャン・ガール」のレアリティと型番をご紹介します。

・レア(G3-11)
販売150000〜160000円、買取85000〜100000円

・シークレットレア(G3-11)
販売1000000円、買取420000円(非常に希少なため価格はいずれも想定)

・ホログラフィックレア(2017-JPP01)
販売130000〜170000円、買取75000〜80000円

・ノーマルパラレルレア(SD16-JPSE3)
販売9000〜14000円、買取5000〜5500円

・KCレア(MVPL-JP001)
販売3700〜3800円、買取3300円

2018年10月4日調べ

どれも高額なのですが、しれっと100万円クラスの型番も存在してます。これはもう値段が桁違いとかのレベルではないですね…。どうしてここまでの価格になっているのでしょうか。

ブラック・マジシャン・ガールの買取価格が高い理由

「ブラック・マジシャン・ガール」は「ブラック・マジシャン」の弟子として位置づけられており、遊戯王のアイドル的存在とも言えるカードです。

「青眼の白龍」や「ブラック・マジシャン」よりも多くグッズ化されてたりするので、その人気の高さがうかがえます(某YouTuberのM氏も「ガールたぁぁぁぁぁん!」と絶叫してますね)。執筆者の中でも「モリンフェン」や「治療の神 ディアン・ケト」と並んで遊戯王3大ヒロインとなってます。

…それはともかく、「ブラック・マジシャン・ガール」は遊戯王というコンテンツの中でもトップクラスの人気を誇り、そして売上にも貢献するキャラクターなのです。もちろんカード自体でアドを獲得しています。

実用性の面で見ても、「黒・魔・導・爆・裂・破」という専用カードや「黒・爆・裂・破・魔・導」などの「ブラック・マジシャン」と絡んだサポートカードが多く存在しており、非常に優遇されています。

リメイクカードも多く、ドラゴンに乗ったりギャル化したりと多種多様な変身っぷりを見せてくれます。…これ性能面を見て使うよりも、やっぱり美少女イラストを楽しむ方がいい気がしますね。

さて、問題は先程も触れたようにとんでもない価格で取引されている「ブラック・マジシャン・ガール」が存在するということです。もちろん高いのには理由がありますので、レアリティと型番ごとでご紹介します。

とんでもな価格で取引されている「ブラック・マジシャン・ガール」

・レア・シークレットレア(G3-11)
初めて「ブラック・マジシャン・ガール」が登場した型番です。冒頭でも少し説明したとおり、このカードは遊戯王の公式大会の景品として配布されたもので、レアが参加賞、シークレットレアが優勝賞品となってます。その希少性はダントツで、実店舗で見かけることも困難な激レア物です。お値段も遊戯王カード界の中でもトップクラスに高額です。

・ホログラフィックレア(2017-JPP01)
「青眼の亜白龍」シークレットレアと同様、「World Chanpionship 2017」の入場者特典として配布されたものです。こちらも入手が難しく希少であるため高額で取引されています。レア過ぎて目がくらんだのかイラストも白く霞んで見えます(当たり前)。

・ノーマルパラレルレア(SD16-JPSE3)
ストラクチャーデッキ「ロード・オブ・マジシャン」に同封されていたものです。…が、このカードが封入されているのはイトーヨーカドー限定版で入荷数もごく僅かであったため、当時から入手困難となっていました。もちろん流通数も少なく高額となっています。

・KCレア(MVPL-JP001)
「青眼の亜白龍」記事内でも少し取り上げましたが、このカードは「劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS ローソン前売り券」の特典で封入されたものです。数量限定の特別版なので希少性が高く、高額となっています。イラストもユーザーを殺しにかかってるほど魅力的です。

このように「ブラック・マジシャン・ガール」の人気の高さと希少性が相まった結果、ここまでの高額となったのです。もしかしたらあなたの「ブラック・マジシャン・ガール」も高額かもしれませんよ…?

ブラック・マジシャン・ガールと同じよう特典で登場した高額カードは?

「ブラック・マジシャン・ガール」は様々な形で収録されていますが、同じパックで、となるとさすがに張り合える高額カードが存在しないです…(「青眼の亜白龍」は紹介済ですし)。そこで今回はこのカードのリメイクである「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」をご紹介します。先程少し触れたドラゴンに乗ってるやつです。

イラストアドがあるのでウルトラレアやコレクターズレアでもそこそこの値段がつくのですが、特に高額なのがシークレットレア仕様のものです。価格が販売でおよそ120000円、買取でおよそ40000円となっています(流通数が少ないため実際の価格は前後します)。

というのも、このカードのシークレットレアはアジア圏へ流通させるために製造されたパック(通称「アジア版」)にしか収録されておらず、非常に希少です。アジア版のシークレットレアは日本語版と比べて光り方が綺麗なのでコレクター層の需要が高いのですが、最近は「ブラック・マジシャン」関連のカードが増えたことでプレイヤー層の需要も高まりました。その結果、かなりの高額で取引されるようになったのです。

「ブラック・マジシャン・ガール」は非常に人気があるので、ここまで紹介した型番のカードでなくてもいくらか値段がつきやすいです。あなたのお手持ちの「ブラック・マジシャン・ガール」も、意外な価格になっているかもしれませんよ?

他にもよく読まれている記事