青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)の買取価格の相場はいくら?

「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)」は、1999年3月18日に発売した「STARTER BOX」で登場した光属性・ドラゴン族の通常モンスターです。強靭・無敵・最強!

ブルーアイズホワイトドラゴンの買取価格

通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。
どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

遊戯王の代名詞とも呼べるモンスターであり、遊戯王にあまり詳しくない人でもご存知の方は多いのではないのでしょうか。ちなみにKONAMIもこの部分は意識しているようで、現在に至るまでこのカードの攻撃力を超える通常モンスターは存在しません。

レアリティは

  • ・ノーマル
  • ・スーパーレア
  • ・ウルトラレア
  • ・アルティメットレア
  • ・シークレットレア
  • ・ホログラフィックレア
  • ・パラレルレア
  • ・ノーマルパラレルレア
  • ・ミレニアムレア
  • ・KCレア
  • ・KCウルトラレア
  • ・ホログラフィックパラレルレア

が存在します。…ってかほぼ全種類のレアリティになってますやん。さすが遊戯王の顔。

そこで今回は「青眼の白龍」の買取価格の相場についてご紹介します。

…が、さすがにすべてのレアリティは紹介しきれないので、ここからは中でも高額な値段で取引されるアルティメットレア・シークレットレア・ホログラフィックレア・ホログラフィックパラレルレアについて紹介します。

さらに、初期に登場した方のウルトラレア・シークレットレアはとんでもないことになっています・・・

青眼の白龍(初期以外)の販売・買取価格の相場

まずは初期でない方の販売・買取価格をご紹介します。

最初に販売価格ですが、アルティメットレアが30000〜48000円、シークレットレアが2400〜2800円、ホログラフィックレアが7600〜8500円、ホログラフィックパラレルレアが3300〜3500円となっています。

次に買取価格ですが、アルティメットレアが23000〜38000円、シークレットレアがおよそ1700円、ホログラフィックレアが5000〜7200円、ホログラフィックパラレルレアがおよそ2500円となっています。

2017/7/18調べ

どれもなかなか高いですが、特にアルティメットレアはとんでもないことになってます。まさかの5桁。

しかし、驚くのはまだ早いです。続いて、初期にあたるウルトラレア・シークレットレアの値段についてご紹介しましょう。

青眼の白龍(初期)の販売・買取価格の相場

さて、ここからは初期にあたる「青眼の白龍」をご紹介します。初期とは「型番が記載されていないカード」が該当しますので、お間違えなく。

まずウルトラレア(EXではなくSTARTER BOXに収録された方です。あのお馴染みのイラストです)が3万円前後で取引されています。
※最初期ウルトラレアは実店舗での扱いがなかったため、オークション価格を参考にしています。

ちなみに、初期ウルトラレアには中国語版(藍眼白龍)や英語版(Blue-eyes White Dragon)も存在しており、これらは何と最高で30万円前後で取引されています。

そして一番ヤバいのが初期シークレットレア。こちらは何と最高で100万円前後で取引されており、買取なら90万円で募集している所もあります。遊戯王全カードの中でもトップクラスに高額なカードとなっています。やべえ。

2017/7/18調べ

※「青眼の白龍」の初期カードは取扱店舗が非常に少ないため、価格が販売元によって大きく異なります。以降に記載する価格はあくまで参考としてご覧ください。また、傷の有無などの状態によっても価格は大きく変動します。

青眼の白龍の買取価格が高い理由

実を言うと、2015年まで「青眼の白龍」はそれほど高いカードではなく、アルティメットレアや初期シークレットレアでも、1桁安い値段で買えるほどでした。

しかし、2016年1月9日発売の「SHINING VICTORIES」で「青眼の白龍」がテーマとして強化され、当時の環境上位に君臨する程の力を得ました。

その結果、「青眼の白龍」に注目が集まり、当時の最高レアリティでもあったウルトラレア・アルティメットレア・シークレットレアの需要が高まり、価格が高騰していったと考えられます。

特にアルティメットレアは2001年4月19日発売の「Spell of Mask ー仮面の呪縛ー」以来一度も同レアリティの再録は来ておらず、需要が爆発し現在の値段にまで至りました。

そして初期シークレットレアに至っては、1999年開催の「Vジャンプフェスタ」で配布されたプロモーションカードであり、世界で1000枚程度しか流通しなかったため、遂には数十万円で取引されるようになりました。

初期シークレットレアは実店舗でお目にかかれることは非常に稀なので、オークション等の個人同士の取引がメインとなるのですが、中には偽物(いわゆるオリカなど)も出回っているようです。本物であれば最低でも30万円は必要になるので、購入を検討されている方は十分にお気をつけください。

ちなみに、2018年の8月に開催される遊戯王の世界大会(Yu-Gi-Oh! World Championship 2018)では、20thシークレットレア仕様の「青眼の白龍」が配布されます(僕知ってる、これ絶対10万円くらいにはなるやつ)。

「青眼の白龍」は遊戯王創始以来から存在する代表的なカードで昔から人気も高く、現在でも環境で結果を残せる程の可能性を秘めています。これらの要因が相まって、現在の高額な値段となっているのでしょう。

青眼の白龍と同じパックで登場した高額カードは?

「青眼の白龍」が初めて収録された「STARTER BOX」ですが、最初期なだけあって他にもかなりの値段がつくカードが存在します。さらに、この「STARTER BOX」には通常版と劇場限定発売版が存在し、一部のカードは劇場限定版にしか収録されていないため高額になっています。そのカードがこちら。

  • ・タートルタイガー
  • ・地獄の裁判
  • ・アクア・マドール
  • ・13人目の埋葬者
  • ・深淵の冥王

これらのカードはそもそも市場に出ること自体が非常に稀なので、それぞれの買取価格はおよそ5000〜12000円となっています。販売なら恐らく20000円はするでしょう。
販売された当時は、まさかこんなノーマルカードが高騰するとは思いもよらなかったでしょうね…。特に下から2枚はただのガイコツですし。
ワイト「俺は?」←およそ300円(販売で)

2017/7/18調べ

他にも初期にあたるカードは意外と値段のつくカードが多いので、「そういえば昔遊戯王集めてたっけな」という人は要チェックです!

>高く売れる遊戯王の初期カードを見分ける方法とカード一覧

他にもよく読まれている記事